【ドイツのおうちごはん】ポロねぎのラザニア

この間リンゴパンを作るのと並行して、
元大家のギゼラおばあちゃんが
夕ご飯も一緒に用意してくれました。


IMG_3851


ラザニア好きの私にはたまらない、
ラザニア風のグラタン。
パスタの代わりにたっぷりのポロねぎを使っているので、
ヘルシーです。
日本でポロねぎが手に入りにくい場合は、
下仁田ネギが一番味が似ているらしいので、
試してみてください。



ーポロねぎのラザニアー

材料

ポロねぎ4本
挽き肉 500g
トマトペースト 150gくらい
パルメザンなどのかたいチーズ 130g
生クリーム300mlくらい
モッツァレラ 握りこぶしよりも2周りくらい大きいもの1つ
にんにく 1かけ
塩コショウ



作り方

①ポロねぎは3cmくらいの長さに切って
 しんなりするまでゆで、ざるに上げて水を切り、冷ましておく


②鍋にオリーブオイルを入れ、おろしたにんにくを熱する。
IMG_3807


③ひき肉を投入。塩コショウをし、色が変わるまで炒める。
IMG_3808

④トマトペーストを入れてさらに炒める。

IMG_3809

ミートソースみたいな味に調味していきます。
ここで、バジルなどのハーブ類を追加してもおいしいです。

⑤チーズをおろす
IMG_3811

とろけるチーズなどで代用してもいいです。
なるべくにおいのあるクラフトチーズがおススメです。

⑥生クリームとおろしたチーズを合わせる。

IMG_3814

⑦耐熱容器にポロねぎの半量を指揮、その上にひき肉をのせる
IMG_3815

⑧その上に生クリームとチーズを混ぜたものをのせる
IMG_3817
生クリームのやつは挽き肉の全体にかぶった方がおいしいので、
ここでちょっと足りないようなら生クリームを追加します。

⑨さらにポロねぎを半量のせる

IMG_3818

⑩モッツァレラチーズをちぎりながら全体にのせる

IMG_3821

⑪アルミホイルをかけ、180度のオーブンで30分ほど焼く。
 全体が熱くなり、チーズに焦げ目がついたらできあがり。
 チーズに焦げ目があまりついていない場合は、
 ホイルを外してさらに5-10分焼く。



それぞれの材料の美味しさが際立つので、
いい材料を使った方がいいですよー(#^.^#)










【ドイツのおうちごはん】リンゴのお鍋パン

私たちが以前住んでいたお家の大家のおばあちゃん。
毎回尋ねるたびに違うお料理やお菓子を出してくれます。

「いつも同じご飯じゃつまらないでしょ」

といろいろ考えてくれていて、

「今日は新しいレシピなの。
 あなたたちを実験台にして申し訳ないけど」

と言いながらも
毎回おいしいご飯をふるまってくれます。

食べさせてくれるごはんまいつもおいしいから、
「これまた食べたいな!」って
思うのですよ。

でも、上記の理由で同じ料理は出てきません。


ですがねー、
1年前に食べさせてもらったこのリンゴパンは
本当に本当においしくって、
レシピももらったのだけど、
イーストを使う料理はついぞ成功したことがなくって、
おばあちゃんに頼み込んで
一緒に作ってもらうことになりました。

IMG_3848


ーリンゴのお鍋パンー

材料


生地

小麦粉 500g
イースト 20g
砂糖 50g
牛乳 250ml
卵 1個
バター 50g
レモンの皮 レモン半分の量

リンゴ 小さめ4つ


焼く用

バター 250g


仕上げ用

粉砂糖 200g
レモン汁 1個分


作り方

1.牛乳を一肌に温め、イーストを加えて混ぜて
  布巾をかぶせ、
  ヒーターなどの上に置いて一肌の温度を保ちながら
  20分ほどおく

IMG_3775


2.ボウルに小麦粉、砂糖、バターを用意し、
  IMG_3779


3.イーストとミルクが

IMG_3782
こんな風に膨らんで来たら

IMG_3784
粉類のボウルに加える。



4.手や機械で一回りになるまでこねる。
IMG_3789


5.ひとまとまりになったら、すりおろしたレモンの皮を加えて
  手でこねて
IMG_3793


布巾をのせ、
50度に温めて一度消したオーブンの中に入れて1時間待つ。
IMG_3794


6.リンゴは皮をむいて8つに切り分け、
  さらに2cmから3cm角に切る。
IMG_3799

6.パンを焼く鍋にバター250gを入れてごく弱火で溶かす
  (バターの代わりにギーにするとヘルシー)
IMG_3804

7.パン生地がこんな風に膨らんだら、

IMG_3822


再びこねて
IMG_3823

7つに分ける。

8.粉をふった台に生地をのせて、人の顔くらいに伸ばす。
IMG_3826

9.リンゴをのせて、
IMG_3827

IMG_3828

4方から包む。

10.包んだ生地をお鍋に並べる。

IMG_3833

11.180度のオーブンで30分ほど、
   串を刺して生地がついてこなくなって表面に焼き色がつくまで
   焼く。
IMG_3834


12.焼いていいるうちにアイシングを用意。

IMG_3838
粉砂糖とレモン汁を混ぜて、
トロッとしたテクスチャーにする。

13.焼きあがった生地にアイシングを塗る。
IMG_3843

14.アイシングが軽く乾いたらできあがり!
IMG_3844




7つの生地に分かれているので、
とりわけもその分かれたところでサーブできます。

IMG_3848

あっつあつです。
バターをすごく使うんだけど、
不思議と油っぽくないのです。
















【我が家のおうちごはん】プラムのケーキ

この間、
近所のエリカおばあちゃんに
79歳のお誕生日お茶会に招待されました。
ちょうど旦那さんがお友達にもらったプラムがあったので、
ケーキを作りました。
元気なおじいちゃんおばあちゃんの集まる会で、
このケーキもおいしいわねって食べてもらえて
嬉しかったです。

IMG_2614



ープラムのケーキー

材料

プラム たくさん(20個くらい?)

バター 150g

卵 3個

砂糖 100g

小麦粉 150g

 

作り方

 

1.プラムは半分に割り、種を取る


2
.バターと砂糖をすりまぜ、
卵黄も足して白っぽくふわっとするまでまぜる。


3.小麦粉を入れ、さっくりまぜる。


4.卵白はメレンゲ状に泡立てる。


5.3にメレンゲを投入。
泡をつぶさないようにさっくりまぜる。


6.型に生地を入れ、プラムを並べる。


7.180度で50分くらい焼き、
焼き色がついて串で刺して何もついてこなければ出来上がり。

 


焼いているうちにプラムから汁が出て

生地の上にダーッと液体がかぶったように

なります。


その汁がなくなって、

型の端にプラムの汁が固まってジャムみたいになるまで

焼くのがコツです。


オーブンによって時間が前後すると思うので、

その状態を見ているといいと思います(#^.^#)

最後に粉砂糖を振りかけるとおもてなしらしくなります。

  • ライブドアブログ